2017年12月03日

花粉症対策

お久しぶりですm(__)m
かれこれ半年以上ぶりですね(^^;)

ちょっと私生活でバタバタしていたので、更新が滞っていました。
この話は、また後日。

まずは、遅くなってしまいましたがコメントをご紹介していきます。
実名っぽいので、コメント非公開の方。

「先生、お元気にされていますか? いつも拝見するのを楽しみにしています。 去年は、厳格な糖質制限で、花粉症が全く起こらなかったのに、今年は、クローン病のレミケード切れの体調不良もあって糖質しか食べていなかったら、すごい花粉症に悩まされました。 これで分かっているのであれば、今回からまた糖質制限を厳格に行いたいのに、なかなか進みません。 難しいですね、、、」

コメントありがとうございます。
ご無沙汰しております。

はい、わたしは糖質制限のおかげもあってか、
元気にしております。
ときには、1日おきに当直したり(笑)。

糖質制限を厳格にしていると、
花粉症の症状が起きないというのはよくありますね。
免疫機能が改善することが原因と考えられます。

わたしが知る限り、一番の花粉症対策は
糖質制限食です。

また、持病のため、糖質制限が難しい方は
わたしが診ている方の中にもいます。

そういう方には
無理せず、できる範囲で取り入れてみましょう
とお勧めしています。

少なくとも、何も知らずに
抗ヒスタミン薬などの花粉症の薬を飲み続けるよりは
健康的な生活になっていると思いますので
出来ないときがあっても、自信を持っていいと思いますよ。


次の方。
「先生、お返事ありがとうございます。 たくさん続けてコメントしてしまい申し訳ありませんでした。 体重を増やすことを意識せず、自分が日々快調に過ごせているかどうかを目安に少し緩めてみようと思います。 たんぱく質を増やしているのにA/G比が低下しているのはやはり消化吸収不足と考えてよろしいでしょうか? 消化酵素サプリを摂るようになり、胃腸の調子は改善してきました。 糖質制限はとても良い食事法だと思いますが、自分に合ったやり方を見つけないと効果も出ないしかえって不調になったりして、一筋縄ではいかないなぁと実感しています。過ぎたるは及ばざるがごとし…とはこのことですね。 先生のアドバイスのお陰でいつも立ち止まって冷静になれます。感謝しております。」

コメントありがとうございます。
いえいえ、こちらの返事が遅いことが問題ですから(^^;)

はい、「消化吸収不足」とは正にその通りです。

長年、高糖質低たんぱく食を続けていると
消化酵素の分泌や腸内細菌叢の状態など
食生活に応じた体質に変わってしまうことがあるようです。

急に、厳格な糖質制限をして、低糖質、高タンパク、高脂質
な食事にしても、その栄養を身体がうまく利用できず
消化不良を起こしたり、エネルギー不足になることがあります。

このときの一時的な体調不良をみて
「糖質制限は危険だ」と言う人もいますが、
少しずつ食生活を変えていくことで
この体調不良は避けられます。

つまり糖質制限自体が危険というわけではなく、
急激な変化が身体に負担をかける、
ということです。

まずは、砂糖、果糖ブドウ糖、人工甘味料、
三温糖、黒糖、蜂蜜・・・など
甘いものを一切食べない、ということを徹底し

次に、小麦製品、フルーツを極力食べない
さらに、玄米・白米の量も減らし
最後に、ジャガイモやカボチャなどの炭水化物量の多い野菜も減らす
という形で糖質制限を厳格にしていくのがいいと考えます。

もちろん、個人差はあっていいと思いますし
わたしの場合は、病気の治療を目的としていないので
ジャガイモやカボチャなどは
まったく気にせず食べています。

また玄米・白米なども最近は3日に1回程度は食べています。
(理由については、また後日)
小麦製品、フルーツ、甘いものもまれに食べます(笑)。


以上、花粉症対策には糖質制限、
糖質制限する場合は、これまでの食生活に応じて
段階的にした方が身体への負担は小さくて済みます
という話でした。

これからも皆様の健康に役立つ記事を投稿します。
1日1回の応援クリックお願いします。↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

順位が上がれば、注目が集まり、多くの人の健康を改善できるかもしれません。
ご協力いただければ、うれしいです。↓


糖質制限ダイエット ブログランキングへ

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
今後とも、よろしくお願いいたします。


ラベル:対策 花粉症
posted by ted at 18:25| Comment(0) | 糖質制限 効果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月23日

カンジダの全身への影響

気が付けば、1か月以上更新ができていませんでした。
応援のクリックをしていただいていた皆さま
いつもありがとうございます。

コメントをご紹介します。

「現在の自分の状況を説明できる医師はどうもどこにもいなさそうなのですが、記事を読ませていただき、この方は?と思いまして質問させていただきます。よろしかったら教えてください。 私、男なのですが、ある時期から陰部が痒くなり、垢がたくさん出るようになりました。 皮膚科、泌尿器科に行ってもなんの処置も無く、説明を求めると怒鳴りつけられたり大変嫌な思いをしました。数か所まわりましたがどこも同様です。 そしてそれから、 肥満、花粉症、薄毛、がじわじわはじまったように感じます。 あとはそれまで冷え症だったのがどちらかというと暑がりになりました。 ピーナッツアレルギーも発症。 そのころはネットもなく情報を集めようがなかったのですが、ネットが使えるようになり調べてみると、「亀頭包皮炎」らしいと思えてきました。 陰部にヨーグルトなどの善玉菌を塗ると良い、という掲示板やブログの情報を見つけました。これには否定的な医師が多いようです。 しかし試すと、かなり改善しました。 しかし、それに気付くまでに長い年月があり、その間に視神経障害を患い、視力をだいぶ失いました。 当時の自分は視力の問題と陰部のことが関連するとは考えていませんでした。 眼の病気に関して医師は原因不明、ミトコンドリア異常により、ATP産生がうまくできなくなって視神経萎縮が起きている。ということでした。 そしてここ最近低糖質食が気になり、2週間前から始めてみました。 体調は良くなってきましたし、髪の毛もしっかりしてきたし、痩せてきました。 花粉症も改善しています。 残念ながら視力はあまり変化を感じませんが。 いろいろ調べてみると、なんとなく医師が説明できなかったことがわかってきたように感じます。 それは陰部のかゆみはカンジダ菌でそれを放置していたために体内で大量に増え、カンジダ菌が作り出すアルコールによって視覚に障害を受けてしまったのではないかということです。 そして低糖質食はミトコンドリアの復活を促す情報や、腸内環境が荒れてリーキーガット症候群になることなどなど、関連情報を読めば読むほど心に当たり過ぎて痛いほどです。 これについてどう思われますか? その可能性が高い、とかそうでもないとか、あるいは低糖質食、腸内環境改善で視力の回復があった事例もあるかなど教えていただければ幸いです。 昔調べたところ私同様の症状でも4%くらいの人が理由は不明だが視力を回復している。という論文を読んだことがあります。 」

コメントありがとうございます。
返信が遅くなり、大変申し訳ありません。

カンジダ、肥満、花粉症、薄毛、視力低下について
まさにその通りだと考えられます。
(冷え症が暑がりになった、というのが
少し例外的ではありますが・・・)

ご自身のことだから、とはいえ
ヒトの身体を総合的に捉えられており
慧眼ですね。

わたしを含め、多くの日本の医師に
足りていない視点だと思います。

視力の回復については
わたしの担当している患者さんでは確認できていませんが
理論上ありうることで、ネットなどでも散見されるので
十分可能性はあります。

糖質制限食による
カンジダ繁殖の抑制、ミトコンドリア機能回復、腸内環境改善
で、これからも症状の改善が続くことをお祈りいたします。

今回はいただいたコメントだけで
いい記事となりました。
ありがとうございました。

これからも皆様の健康に役立つ記事を投稿します。
1日1回の応援クリックお願いします。↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

順位が上がれば、注目が集まり、多くの人の健康を改善できるかもしれません。
ご協力いただければ、うれしいです。↓


糖質制限ダイエット ブログランキングへ

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
今後とも、よろしくお願いいたします。
posted by ted at 23:32| Comment(1) | 糖質制限 効果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

リウマチと砂糖の関係

コメントをご紹介します。
わたしの紹介が遅くなってしまい
同じ方から3件いただいています。

「先生、早速のお返事をどうも有難うございました! 少し前から踵やくるぶし、足の指などが痛くなって 歩行にもかなりの痛みが出ています 二年ほど前にリウマチの検査をした時には陰性だったのですが 血液検査で反応が出ない事もあるんですよね? 今日また検査に行ってきました 足が攣るのもソチラから来ているのかもしれないですね・・ お忙しいところ本当に有難うございました 」

「追伸です・・ もし宜しければ・・なのですが 色々と調べて見てもわからなかったので 教えて頂けると嬉しいのですが・・ 糖質制限を続けている中 甘い物や人口甘味料等は 一切避けているのですが 80% 位のダークチョコレートが好きで 一日一枚以上は食べています チョコレートはアルギニンが多いので ヘルペス等には良くないと聞きました (ただ、チョコレートに含まれるアミノ酸自体がそもそも少ないので、大した量ではないのでは?と思っていました) 他にはリジンの多いヨーグルトをよく食べますが お肉系は苦手で頂きません もしもリウマチだとすれば ダークチョコもやめた方がいいのでしょうか・・ 重ね重ねお忙しい中 申し訳ございません お時間のありますときにでも どうぞ宜しくお願い致します」

「先生、コメント失礼致します 検査でリウマチではないとのことでしたので もうしばらく様子を見ることになりました。 色々教えて頂いてどうも有難うございました 季節の変わり目 どうぞご自愛下さい」

コメントありがとうございます。

確かに、リウマチにより
足がつりやすくなることはありますが
「リウマチではない」とのことで
よかったですね。

前回の記事に書いた通り
「お肉系が苦手」ということでしたら
足がつりやすいのは
カルニチン不足かもしれません。

ダークチョコレートについては
アルギニンがどうこう言う前に
1日1枚以上は多すぎです(笑)。

週に1枚、できれば月に1枚程度
にされた方がいいかと思います。

単純ヘルペスウイルスは
ほとんど誰もが持っていますが
症状が出るのは、免疫力の低下時です。

80%ダークチョコレートには
20%以下とはいえ、砂糖などが含まれているので
毎日食べていると
免疫力の低下、ヘルペスの症状悪化
は起こりやすくなります。

また、リウマチは自己免疫性疾患なので
砂糖の摂取は、免疫系の乱れを引き起こし
リウマチ悪化の一因となりえます。

リウマチの有病率は、17世紀以降に急増している
ので、植民地支配による砂糖生産が広まったことで
ありふれた病気になったものと考えられます。

それ以前は、アジア・欧州などでほとんどみられず
エジプトで埋葬されている王族(ミイラ)など
ごく一部でみられるのみでした。
(症状がひどくなると関節の変形が残るので
遺骨が発見されれば病気が存在していた、と分かる)

もっと古い話では、約5,000年前のネイティブアメリカン
にも、リウマチはみられていたようです。

ネイティブアメリカンは、サトウカエデの樹液
(≒メープルシロップ)を摂取していたので
伝統的な食生活でありながら
リウマチを患っていたものと考えられます。

17世紀以降の世界と一部王族、
ネイティブアメリカンに共通する砂糖が
リウマチの増悪因子ではないか
と考えられるわけです。

実際、砂糖をやめただけでリウマチが改善した
という例も多いようです。

現時点では問題がなくても
砂糖などの甘いものを摂取していると
リウマチになるリスクは上がります。

好きだから食べたい、というなら止めはしませんが
健康でありたいなら、砂糖などの甘いものは
一切食べない、というのが基本です。

これからも皆様の健康に役立つ記事を投稿します。
1日1回の応援クリックお願いします。↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

順位が上がれば、注目が集まり、多くの人の健康を改善できるかもしれません。
ご協力いただければ、うれしいです。↓


糖質制限ダイエット ブログランキングへ

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
今後とも、よろしくお願いいたします。
posted by ted at 19:06| Comment(4) | 糖質制限 効果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。